旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



夜の時間の使い方を見直して、リカちゃん活動に励む

先日までの4連休のあいだに夕方~夜の生活スケジュールを変えてみたところ、いろいろと調子がよい。夜の自由時間がぐっと増えた。

これまでは子どもの寝かしつけが終わってから大人の夕食を始めていた。だいたい21時過ぎに夕食開始、片付けまで全部終わると22時30分。何もしてないのにもう1日が終わってしまう!と焦る気持ちになる。就寝までの時間が短くて、胃腸に負担がかかるのも気になる。

これを、18時過ぎの子どもの夕食にあわせて大人も一緒に食べるようにしてみた。1歳の坊やに夫と交代で食べさせつつ自分も食べる。ゆっくり食事を楽しむという余裕からは程遠いけど19時過ぎにごはん終了。夫が子をお風呂に入れるあいだに私は洗い物を済ませ、お風呂からあがってしばらくしたら一緒に布団に横になるのが20時くらい。子はしばらく遊んでいてなかなか寝ないけど、20時40分くらいにはスイッチが切れて眠りにつく。

そしたらそこからは大人たちの自由時間~! 夕食も片付けも終わっているから夜が長い。これまでに比べて1時間半くらい余裕がある。すばらしい。夫も、夕食が遅いことによる胸やけ症状が改善したみたい、って言ってる。

増えた時間で何をするかというと、夫との語らいとかコーヒーを楽しむとか読書に没頭・・・もいいんだけど、まずやりたいのは、リカちゃんの服作りなのだった。リビングとは別のミシンコーナーにて、小一時間ほど制作に集中。真に自分のためだけの、癒やしのひととき。

f:id:lovestamp:20200726224537j:plain

最近作ったドレスの一部。どれもよくお似合いよ。ちなみに我が家では、リカちゃんの服作り活動のことを「リカ活」と呼んでいる。使用例=ちょっと向こうの部屋でリカ活してくるわ~。

18時台に子どもと一緒に夕食を済ませる作戦、今後も継続したいのだけど平日はなかなか難しい。夫は18時までには帰宅できないし、私も子どもを見ながら夕食を作るのはムリ(休日は夫が子どもと遊んでいるあいだに私が調理を担当している)。とりあえず休日はこのスタイルで続けてみようかと。家族にとってどんなやり方がちょうどいいのか、手探りはつづく。