旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



野菜のおたのしみセット、うれしい金時草とうっかり豆苗と。

我が家では生協の宅配を利用しているのだが、最近、組み合わせおまかせの地元野菜セットを買ってみた。何が届くかは当日までわからない、野菜3~4点の詰め合わせ。いつも同じものばかり買ってしまって目新しさがないという現状を打破すべく、ちょっとした楽しみとチャレンジとして。

さて、先日届いたのは、金時草、能登のほうれん草、えのき茸だった。単品で注文したほかの野菜との重複はなし。よかったー。金時草は、金沢で多く作られている加賀野菜。食べたことはあるけど、自分で買ったことはない(したがって調理したこともない)。いいね、まさにこういう出会いを期待していたのだよ。

 

f:id:lovestamp:20200509001946j:plain

ちょうど酢醤油たまごの作りおきがあったので、漬け汁をかけて酢の物にした。加賀野菜なのでうつわは九谷焼で。(それにしてもたまごの黄身の半熟具合、我ながら最高だな)。

何が届くのか待っている間も楽しいし、思わぬ野菜が入っていることで新たなレシピを探すきっかけになるのもおもしろい。これはいいぞと翌週も詰め合わせを注文。そしたら、単品で注文していた野菜とダブってしまったあぁぁ。何かといえば、豆苗。いや、好きだからいいんだけどね。ただし豆苗2パックというのは冷蔵庫の中でめちゃかさばる。ほっとくと成長してしまうからどんどん食べねば。そして、いったん収穫したあと再度成長→再収穫できる流れだから、2パック分全部を一気に消費するのではなく、少しずつピークの時期をずらして計画的・段階的に食べ進めていきたいところ。

そんなことをやっている合間にも、そろそろ次の生協がやってくる。これでまた豆苗が届いたらまさかの3パック目。3つの畑で二期作をやる忙しさになってしまう……それはそれでおもしろいけど。さあ、果たして結果はいかに。