旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



子の退院、付き添い入院終了、クエルチャでねぎらいのピザ

f:id:lovestamp:20200323102032j:plain

子どもが晴れて退院。同時に私の付き添い入院も終了し、3週間にわたる病院生活が幕を閉じた。

気力体力的にキツかったし早く家に帰りたくてたまらなかったけど、3週間もあると子どもも大人も環境に適応するものだなーと実感。不便さや不自由さにはだんだん慣れるし、そのなかでそれなりに自分のやり方やリズムを見つけて日々を組み立てられるものだなあと、我ながら感心した。半畳しかない小さな仮眠ベッドと薄っぺらい布団でも、「ここは山小屋なんだ…。ていうか山小屋の布団に比べたらまだ全然マシ!」みたいなポジティブ思考で乗り切るとか。まあともかく、平穏で健康な日常にまさるものはないってことを心底感じたし、帰ってきた今も感じている。

3週間頑張った私たちマジでよくやったよおつかれさま!の会として、おいしいピザを食べにクエルチャ(金沢市泉野町)へ行った。1月、2月、3月と月イチで行ってるな。と言ってもピザを食らうのは私と夫、入院した当人である子ども(1歳)は膝の上で赤ちゃんせんべいだけど。満足げな様子だったのでよし。

マルゲリータもシチリアーナもおいしかった。レモンスカッシュもティラミスも。何度でも言うけど、休日の昼間に家族で出かけておいしいものを食べて、おいしかったねって言いながらまたみんなで家に帰れることのなんという幸せよ。こうして書いておかないとありがたみを忘れちゃうから、自分のために書いておく。そう、子がどれだけグズっても、なかなか寝なくても、いたずらばかりで部屋を散らかしても、そんなのは取るに足らないことだと今は広い心で受け止められるぞ。今は、今はね……!