旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



金沢【プティブラン】のカヌレは、ミニサイズでもっちり食感

f:id:lovestamp:20190630213727j:plain

金沢のケーキ店【プティ ブラン】のカヌレ、3つ入り250円。高さ3センチくらいの小ぶりな一口サイズ。もったいないので一口では食べないけどね。カヌレが好きな私は、思い立ったときに立ち寄れるようGoogle Mapに「カヌレをおいてある(らしい)ケーキ店」をプロットしてあるのだが、そのうちの一つがここだった。

 

レジの手前にちょこんとおかれたカヌレをひと目見て、小さっ! 焼き色うすっ!と動揺したが、動揺を押し隠して購入。私がカヌレに求めるものは、表面ががっちりガリガリに固いこと、中はこの上なくもっちりしていること、カラメルの味と香りが濃厚なこと。プティブランのカヌレは、焼き色の薄さと手触りからいって、どう見ても「表面がっちり」ではない。実際に食べてみてもそのとおりで、生地に歯が当たる感じはフィナンシェかな?ってくらい。しかし見た目に反してカラメルの香ばしさはしっかり。そして中はもっちり、クニュクニュした食感で好みに近かった。小さな中に甘さと卵の味がぎゅっと詰まっていて満足。ていうか、表面ガリガリに比べて歯につかないし食べやすいし、あれっ、これはこれで好きだなと自分の好みの広がりを発見した次第。

カヌレのほかにケーキも買った。コーヒーとチョコレートを組み合わせたオペラ、栗の渋皮煮がまるごと入ったモンブラン。どちらもおいしかった。特にモンブラン、一番下に敷かれたパイ生地がサクサクで軽くて香ばしくて、クリームと一緒に食べると最高だったな。ああ。とにかく、甘いものはしあわせ。

 

【パティスリー プティ ブラン】金沢市大豆田本町甲270-3