旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



チロルだけどシロノワール。「チロルご当地めぐり」がおいしい

みんな知ってるチロルチョコから「チロルご当地めぐり」というシリーズが出ていたので買ってみた。すごく良い! 販売されているのは全4種類(2019年4月時点)。

・岩手県 かもめの玉子

・愛知県 シロノワール by コメダ珈琲店 

・広島県 もみじ饅頭

・佐賀県 ブラックモンブラン 

f:id:lovestamp:20190514104257j:plain

私が買ったのは「かもめの玉子」「シロノワール」の2種類。そもそものスイーツとしてどちらも大好き。

f:id:lovestamp:20190514104300j:plain

食べてみたら両方とも再現度が高くてびっくりした。かつ、ちゃんとチロルチョコとして整っている(←偉そう)。オリジナルの味と食感が小さなチロルサイズにぎゅっと閉じ込められており、チロルから各スイーツへのリスペクトを感じたよ私は!

岩手銘菓「かもめの玉子」は、黄身餡をカステラとホワイトチョコで包んだお菓子。チロルでは、ホワイトチョコの中に黄身餡+黄身餡ソースが入ったものとなる。黄身餡のモソモソした食感に、これぞまさしくかもめの玉子!と思ったね。黄身餡が、ホワイトチョコの甘さ・なめらかさと混ざって良い感じ。

コメダ珈琲店「シロノワール」は、デニッシュパンにソフトクリームとメープルシロップをのせたデザート。チロルでは、外側がデニッシュ風味チョコ、中にメープルソース+ソフトクリーム風味チョコ+フィアンティーヌ(クレープ生地を薄くサクサクに焼いたもの)入りという細かい仕事。一口でぱくっと食べるとあら不思議、フィアンティーヌのサクサク感にデニッシュパンを感じるし、メープルの甘さと香りで総合的に口の中がなんとなく「シロノワール」になる。これは素敵。

まだ食べていない「もみじ饅頭」にも期待。佐賀の「ブラックモンブラン」はもともとのお菓子を知らないのだけど、バニラアイスにチョコクランチをまぶしたものということなので間違いなくおいしい気がする。見かけたら買う。今後、別エリアのご当地チロルも発売してほしいなー。

▼チロルもいいけど、お菓子で他の味を再現といえば「うまい棒」です