旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



これからはポタージュざんまい、買ってよかったクイジナートのミキサー

f:id:lovestamp:20180918102304j:plain

最近のいい買い物をしたなと思うもの、クイジナートのミキサー(クッキングブレンダー/SBC-1000J)。単に混ぜ合わせるだけじゃなく、ヒーター付きなので食材の加熱ができる。生の食材を入れて、火を通して、そこから一気に刻んで混ぜるところまで、1台で済むのがすばらしい。

というのも、ここ数ヶ月ポタージュスープが好きすぎる。家にはミキサーがないため、かぼちゃを潰したり玉ねぎやきのこをみじん切りしたりの手作業を頑張っていた。その作業じたいは嫌いじゃないけど、ポタージュスープばかりを集めたレシピ本を眺めながら「人参のポタージュスープ、キャベツのポタージュスープ、ごぼうのポタージュスープ……これはもう包丁の限界を越えている、ミキサーがないとムリムリ」っていう気分がどうにも高まり、これまでずっと「洗うのが面倒くさそう」という理由で買い渋っていたミキサーをついに購入するにいたったのだった。

そして入手したミキサーは、あらかじめレビューを見て覚悟はしていたものの重量感がとてつもなかった。高さ50センチ、重さ5キロ。棚から出し入れするのも「よっこらしょ」っていうサイズだ。しかしスープを大量生産&作り置きしたい私には1.7リットルを調理可能という大容量は最重要視のポイントだったのよね。

f:id:lovestamp:20180918104651j:plain

初めて作ったのはかぼちゃのポタージュスープ。ざくざく切ったかぼちゃと玉ねぎを放り込んで(上の写真)、加熱したのちにグワーンと混ぜるだけ。皮もぜんぶ使えるのが嬉しい。ガスを使わないから暑くないし(今年の猛暑下では助かったわ)、鍋の前で見張る必要がないし、調理時間を大幅短縮できるのも非常に素敵。

しかし懸案事項だった「洗うのが面倒くさい」については、やはりこれ、非常に面倒くさい。ガラスの円筒部分は取り外せるんだけどなにしろ重くてゴツいし、刃の台座とヒーターが一体化しているから丸洗いができないし。鍋をじゃぶじゃぶ洗うようにはいかないね。あともうひとつ、レビューでよく言われている「とにかく音がうるさい」という件。確かにミキサー使用時はかなり大きな音が出るけれども、そもそもミキサーってそういうものでは。連続して何分も撹拌するわけじゃなし、うるさいのはせいぜい十数秒なので私はたいして気にならなかった。

というわけで、洗う手間は(鍋よりは)かかるけれども、洗い物の数は少ないし、これ1台で完了するスマートさが楽しいし、できあがりの味や食感も好みなので、買ってよかったなと思う。次に作りたいのはさつまいものポタージュスープ。秋だからね。