旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



しらすは静岡産に限ります。どっさり釜揚げしらすごはん

f:id:lovestamp:20180618110432j:plain

静岡県吉田町といえば、しらすの産地。春にしらす漁が解禁され、だんだん身が太くなってくるこの時期のしらすはとにかくおいしい。そのタイミングで、吉田に住む知り合いが釜揚げしらすを送ってくれた。しらすに関しては、どこのものより静岡県産がおいしいと思ってる。吉田、用宗、田子の浦、漁港もたくさんあるからね。ごはんにのせて、ねぎを散らして(あればしょうがのすりおろしをおいて)、醤油を回しかけて食べる。身がふわふわ。適度な塩気があってどれだけでも食べられそうだ。生しらすより、ちりめんより、釜揚げしらすが大好きだ!

という話を送ってくれた当人にしたら、「私は釜揚げしらすを少しだけ天日干しした、表面がやや乾いたものが好き」とのこと。何そのツウな食べ方! 漁港が近くて、しらす干しの風景が日常にある環境だからこそ味わえる地元の食べ方だなあ、うらやましい。ともあれ、名産地の釜揚げしらすが冷凍庫にまだ1パックあることの幸せよ。