旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



中秋の名月にふさわしい、月見山郵便局の風景印とうさぎまんじゅう

昨日2017年10月4日は中秋の名月であった。夜空に月がたいそう明るくて、そのまわりの空が、ぼわっと白く見えた。(自分の目が疲れてかすれていたから、ではないと信じたい)

月にちなんで、最近入手した月の風景印を紹介。郵便局の名前は「月見山」、月と一緒にうさぎも描かれていて非常にかわいい。切手の図案は「朧月夜」の歌と、普通切手のうさぎの組み合わせ。我ながらステキだと思っている。

f:id:lovestamp:20180601100217j:plain

f:id:lovestamp:20180601100228j:plain

ちなみにこちらが、私が撮影した10月4日の月。どうしようもない写真だが、とにかく明るい、っていうことは伝わるのではないかと。(レンズが汚れてかすれていたから、ではないと信じたい)

f:id:lovestamp:20180601100242j:plain

「月を見ながら食べてね」って、顔見知りの和菓子屋さんがおまんじゅうをくれた。白いのと、月の色(?)と。別の人から月見団子もいただいて、自分では何も用意していないにもかかわらず、お月見のお菓子が充実した夜でしたとさ。