旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



わかめまみれのぺヤングは、私には合わない味だった

コンビニに行くとつい見てしまうのは、「ぺヤングの新商品が出ていないかどうか」ってこと。どうにもこうにも、ぺヤングソースやきそばが好きでして。で、つい先日、目を奪われたのがこれ、「わかめMAX」。

f:id:lovestamp:20180531102205j:plain

わかめMAX。マーックス!このパッケージの気持ち悪さ!

つい気になって買ってしまった。やきそばにわかめって合うのかな。単なるわかめでなく、わかめ「MAX」ってどういうことなんだ

封を開けると、乾燥わかめ+微量の乾燥野菜(コーンなど)のかやくと、醤油ソースがついていた。お湯を入れて待つこと3分。

 

ふたをめくったら、 わかめしか見えなかった。

f:id:lovestamp:20180531102230j:plain

想像以上の量に絶句。いや、乾燥わかめが増えることはよく知ってるよ。そりゃあもう、暴力的なほどに増量するもんだってことは知っている。しかしまあ、この量ときたら。これがわかめMAXの正体か! いちど開けたふたを、また閉めてしまったよ。

f:id:lovestamp:20180531102257j:plain

冷静さを取り戻し、醤油ソースを混ぜて食してみた。うーーん、いまいちだ。ぺヤングらしさがひとつもない。「ぺヤングの味」としか言い表せないあの麺の味、あれがまったくしない。当然ソースの味もしない。わかめの磯っぽい香りと醤油味によって、ぺヤングの良さがかき消されている。なんだろうこれ、汁なしの醤油ラーメンのようだ(食べたことないけど)。そして、食べても食べても減らないわかめ。わかめくささが、だんだん嫌になってくる。わかめは好きでも嫌いでもないけど、これだけ主張してこられるとウンザリする感がある。結構しょっぱいしね。後半はもう「早く終わんないかな」と思いながら食べていた。その間ずっと「ああ、普通のぺヤングが食べたいよう」と思っていた。

わかめMAX、私の中では下位ランク。二度目はないですな。 普通のぺヤングへの渇望が高まるばかりである。

 

tokotoko.hatenablog.jp