旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



茶産地菊川のお茶カフェ、san grams(サングラム)へ

f:id:lovestamp:20180531101509j:plain

製茶会社がプロデュースする緑茶カフェにて、二つの湯のみでお茶が運ばれてきた。二種類のお茶。といっても、違うのはいれ方。使っている茶葉は同じもの。えっ、同じ材料でこうも違う見た目に仕上がるの?

左は、急須を使ってお湯で。いわゆる「普通の」いれ方で。右は、茶葉の入ったフィルターに一滴ずつ冷水を落としていれたもの。

深蒸し茶なので、色は濃いめ、味はまろやか。それにしても冷水で一滴ずつ落としたこの黄金色のお茶といったら、旨み甘み香りをギュッと圧縮したような、一滴なめれば目が覚めるような、優しさの中にも厳しさがみたいな(喩えれば喩えるほどわかりにくい)。

市販のお茶には複数産地の茶葉をブレンドしたものが多いのだが(この組み合わせが、お茶のおいしさを作る肝であり見せ所でもある)、このお店では、ブレンドしない単一生産家のお茶を「シングル」として販売している。味や香りの特徴が際立って、飲み比べるのも楽しい。私はついつい、自分と同じ姓の生産家さんの茶葉を買いました。勝手に親近感。

san grams(サングラム)@静岡県菊川市

san grams | サングラム