旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



三島市、tentのカヌレは理想のカヌレ

久々に出会った。私のカヌレ愛をほぼ完ぺきに満たしてくれるカヌレに!!

f:id:lovestamp:20180529221705j:plain

見るからにしっかりと濃い焼き色。表面の固さが最高。ガリガリに固くて香ばしい。カヌレのふちでお皿をたたけばコンコンといい音がする。歯にくっついてとれなくなる。一方で中身はといえば、もっちりねっとりで吸いつくような包み込まれるような。まさにこれ、このカヌレを私は追い求めていた!!

このカヌレは、三島市にある「焼き菓子tent」のもの。店は住宅街にあってまったく目立たず、普通に道を歩いてもそこに店があるとは気づかない。しかも出入りは、通りに面した玄関ではなく庭に面した掃出し窓から。おうちにお邪魔するみたいに靴を脱いで入る。オープンは月に2回、しかも平日の午後のみ。狙い澄まして、よほど気合いをいれて行かねばならないのである。

f:id:lovestamp:20180529221724j:plain

このお店の存在を知り、カヌレの写真を見て、カヌレ以外の焼き菓子の写真も見て、「相当好きな予感がする」と思ったので行くことにした。有給をとって、電車に乗って。(上司には、焼菓子を買いに行ってまいりますと言いました)

f:id:lovestamp:20180529221742j:plain

カヌレ以外にもあれこれ購入。レーズンとくるみのケーキ、小布施栗の渋皮煮のパウンドケーキ、チョコレートクッキー、レモンクリームのパイなどなど。

2015年5月時点では、我がカヌレランキングの不動の第1位、絶対エースは「プティタプティ」のカヌレだった。*静岡市草薙のカヌレ写真はこちら

しかしこれ、数年ぶりに政権交代かも。tentのカヌレが一気にトップに躍り出る。ああ、またtentに行きたい。焼きたての固いのをガリガリと食べたい。そのためには、また有給をとらねばならん。

▼焼き菓子tentのブログ(オープン日とお菓子の情報)

 

すべてはおいしさのために

すべてはおいしさのために

  • 作者: オーボンヴュータン河田勝彦,水野恵美子
  • 出版社/メーカー: 自然食通信社
  • 発売日: 2018/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る