旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



欲望の高額カスタム、スタバのマーブルキャラメル編

夢の無料券を握りしめ、スターバックスに行ってきた。一体いつどの獲物に使ってやろうか…。4月初めの無料券入手以来、熟練スナイパーのごとく冷静かつ慎重に時期を狙い定めること3か月間。あれにしようかこれにしようかと悩むうちに月日は流れ、危うく有効期限が切れるところであった。腰が重めのスナイパーである。

いま、スタバの期間限定フラペチーノは2種類。どちらがどんな味なのか、どんなカスタムをしたらより美味しくなるかの事前調査は済んでいる。ぬかりなし。

休日の午前10時過ぎ、スタバは店内もレジまわりもすいていた。チャーンス! 最初から無料券を出して店員さんに見せ、「これを最大限に使いたいのです」と宣言。

というわけで、こうなった。

f:id:lovestamp:20180518211222j:plain

マーブル キャラメル コーヒー ジェリー フラペチーノ
(ヴェンティサイズ。650円)
+エクストラホイップ(ホイップ増量。無料)
+エクストラソース(ソース増量。無料)
+チョコレートチップ(ドリンク内に追加。50円)
+エスプレッソショット×2(ドリンク内に追加。100円)
=800円

これ、完全無欠のフラペチーノだった。我がフラペチーノ史上で最高に美味しい一杯だったかもしれない。

エスプレッソを追加したことでコーヒーの香りと苦みがしっかり。これが良かった。ヴェンティサイズってご覧のとおりかなり大きくて(文庫本より高さがあるよ)、これが最後までずっと同じ味だったらいくら美味しいといってもそのうち飽きてしまうに違いないが、今回はそうならない。地層のように味が重なることで、ストローを挿す高さによって違った味と食感が楽しめるというこの戦略。

まあ見てよこの側面を。上から、クリーム、チョコチップ、コーヒーゼリーエスプレッソと色を変えてゆくグラデーション。下の方はしっかり苦くて、チョコチップは甘くカリカリで、クリームはなめらかで甘い。

そして、何よりもいい働きをしているのが実はカラメルソース。ドリンク部分にも入ってるし、ホイップクリームの上にもトッピングされてる。このカラメルソース、甘さとともに香ばしい苦みがあって、実に美味しい。いいですか、これはカラメルソースであって、キャラメルソースではない。普段からキャラメルフラペチーノとかキャラメルマキアートとかで使われている薄茶色の甘いソース、あれはキャラメルソース。いま私が絶賛しているのは、もっと濃い茶色のカラメルソース。砂糖を焦がしたあの甘さ、プリンについてるあのソース、あれです。カラメルソース。

キャラメルソースは普段から店に用意されていて、+50円でいつでも何のドリンクにも追加できる。だがカラメルソースはそうはいかない。今回の「マーブル キャラメル コーヒー ジェリー フラペチーノ」には材料の一つとして使われているものだけれど、それ以外の場面には登場しない。いやあ、自分がキャラメル好きだということは前々から知っていたけれど、カラメル好きでもあったということ、コーヒーやホイップクリームにカラメルがとても合うということ、これは発見であったなあ。

と、長すぎるカラメルソース愛について述べたところで、なにしろこのスペシャルカスタムなフラペチーノが美味しかったという結論。そしてスターバックスに対しては、「今後、カラメルソース商品を定番化してください」との強い念を送っておく。