旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



再カスタム、スタバのさくらチョコレートラテ2014

スタバの2014年春ドリンク、「さくらチョコレート ラテ with ストロベリー フレーバー トッピング」。私が前回のんだとき(こちらの記事)は、【いちごの味もさくらの味もしない、ただ甘くてぼんやりしたミルク】という残念な印象であった。

でも本当は、好きになりたい。あの春らしい明るい飲み物を楽しみたい。「美味しくないからいらない」と切って捨ててしまうのは、春の喜びをひとつ損しているような気がする。というのは大げさにしても、カスタマイズすれば好きな味になりそうな気がする。そんなわけで前回の記憶はいったん消してもう一度だけ試してみようと思い、再びのさくらチャレンジとなったのであった。

そのカスタマイズとは、エスプレッソショットの追加である。さくらチョコレートラテには、そもそもコーヒー成分が入っていない。きっとそれがいけない。エスプレッソの注入で苦さやらコクやら深みやらを加えれば、いちご(風味)やさくら(風味)が活きて新しい何かが生まれるのでは!!

さくらチョコレート ラテ with ストロベリー フレーバー トッピング
+ホイップ多め ⇒無料
+トッピング(チョコレートとキャンディー)多め ⇒無料
エスプレッソショット追加 ⇒+50円


てんこもり。表面張力の限界を超え、このあと全方位にダラダラとこぼれた。

 f:id:lovestamp:20180518205707j:plain

上から。ピンクが、急に邪悪で不自然で毒々しい色に見えてきた。

f:id:lovestamp:20180518205728j:plain

ホイップをすくって食べる。うむ。おいしい。
トッピングのキャンディ(濃いピンク)はカリカリした食感で、これもよい。

飲んでみた。おっ、これは。
エスプレッソを追加して正解! コーヒーの味がする(あたりまえ)。入れる前より断然おいしくて好みだ。しかしまだ物足りないな、エスプレッソはさらにもうワンショットを追加してもいいかもしれぬ。チョコレートシロップを入れたら、より濃厚になって好きかも。それにしても甘いな、甘すぎるよ~。なんとか飲みきったが、途中で飽きてしまった。ホイップクリームは好きだし、トッピングのチョコやキャンディも悪くない。しかし肝心の飲み物部分がね、やっぱり今回も、【ただ甘いぼんやりとしたミルク】の印象のままであった。

ああ、さくらチョコレートラテ。好きになりたくて近づいてみたけれど相性が悪いようである。「追われるよりも追いたい」という心理で攻めてみたのだが、相思相愛にはなれそうもないわ、私たち。さらなるカスタマイズによってアタックを試みるのではなく、次はおとなしくカフェモカ(大好き)を注文する。新しい火遊びを繰り返すより、慣れ親しんだぬくもりっていうか。季節限定のイベント感より、いつもそこにある安定感っていうか。まあでも。来年の春になったらまた頼んじゃうんだけどね!