旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



ロンドン07 のんびりしたマフィン屋さんと、セントポール大聖堂

ロンドン旅行記第7回。ロンドンで迎える4日目の朝。前回の記事はこちら

 朝起きて外に出たら、今までで一番の寒さ。寒い寒いと言いながら朝ごはんを食べに行く。ホテルから歩いて3分くらいのところにある「Muffin Man」という店へ。ロンドン到着初日から、気になって目をつけていた店である。

午前8時、ドアのおもてに「OPEN 8:00-」と書いてあるのに、そして私たちが入口に立って待っているのが店内からも見えているはずなのに開店しない。店のお姉さんはあわてる気配もなく、申し訳なさそうな様子もなく、ゆったりと開店準備をしている。いったいどういうことなんだ、8時開店ってことは8時にはドアが開いてお客が中に入れるってことなんじゃ?と思うが、準備を終えたお姉さんが「Good Moning!」ってドアを開けたとき、時計は8時5分をさしていた。遅れてすみません的な要素は皆無。ロンドンっ子がのんびりしているのか私たちがせっかちなのか、よくわからなくなる。

f:id:lovestamp:20180527174131j:plain

白い壁とミントグリーンのテーブルクロスが可愛いよ、真似したい。このあと、女性の二人連れやら男女のカップルやら一人客のおじさんやら、朝ごはんを食べに来る人がポツポツ。

f:id:lovestamp:20180527174153j:plain

スクランブルエッグ&ハムのトーストイングリッシュマフィン。ハムの下にマフィンが隠れている。非常においしい。これも真似したい。

f:id:lovestamp:20180527174207j:plain

飲み物は、昨日につづき得意のホットチョコレート。好きなのよね。

さあ今日は行きたいところがいろいろある。もっとも重要なのは、「バッキンガム宮殿で衛兵交代を見る」こと。時間が決まっているからこれに遅れるわけにはいかない。開始の30分前には宮殿に着いているようにして、これを中心に計画を立てる。見たいものを効率よく見て回るよう、ルートをよく検討していざ行動開始である。

f:id:lovestamp:20180527174234j:plain

地下鉄マンションハウス駅を降りてしばらく歩き、ミレニアムブリッジへ。 川の流れの向こうにタワーブリッジが見える(小さいけど)

f:id:lovestamp:20180527174256j:plain

それから、ドーム屋根が見えてきて「あの有名なあれだ!」とテンションが上がる。 セントポール大聖堂。 エントランスホールに立つと、神聖で厳かで歴史があって由緒ただしい感じに圧倒された。こういう場所で結婚式を挙げたらどんなにか素敵だろうねと、友人とあらぬ夢想をする。ちなみにチャールズ皇太子とダイアナ妃はここで結婚式をした。そういう人が、する場所です。

再び地下鉄に乗ってビクトリア駅へ。そこから歩いてバッキンガム宮殿に着いたのが10時45分くらい、お待ちかねの衛兵交代は11時30分から。交代の様子がよく見える場所にスタンバイOK!