旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



ぎんなんが大好きだけど、たぶん摂取量が多すぎる

ぎんなんを大量に(200粒か300粒か)いただいたので、夜な夜な食べている。昨夜は60粒も食べてしまった。深夜一時に、酒の一滴も飲まずに、だ。

 

いただいたぎんなんは、殻をむきやすくするよう数日間水に漬けられたものだった。そんな裏技があるなんて、知らなかった。いつもは殻付きぎんなんを茶封筒に入れてレンジでチン、その後殻を割って食べる、だったのだが、封筒がもったいないのでシリコンの蓋付き容器でレンジにかけてみたら、これがすごくいい!

ほとんどの実が容器の中できれいに割れて、薄皮もつるりとはがれた。割れなかったものも、殻割り器やはさみを使わなくても手で殻がむけた。水に漬けてあってからが柔らかくなっていたことの効果だ。すばらしい。

夢中でむさぼっていたのだが、いかにぎんなん好きとはいえど40粒を過ぎたあたりからやはりだんだん飽きてきた。あの独特の苦み、エグみ、やはり一気に大量摂取するものではない。あまり食べると中毒症になるとか言うし、そういえばなんか、今朝起きたときからお腹が痛いような気がしないでもないっていうか。

f:id:lovestamp:20180523104843j:plain

まだまだこんなにある。週末に殻むき祭りだ!