旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



麺つゆで、つゆだくまみれな食生活

f:id:lovestamp:20180522220047j:plain

何の試練なのかなっていう暴力的な暑さが続く。浜松市の山あいでは最高気温38度を記録ですってよ。仕事を終えて帰ってきた家は壁も柱もどろどろに溶けだしてしまいそうに熱気がこもっていて息苦しいくらいだ。体じゅうのあらゆる場所から汗をしたたらせつつ夜ごはんを作る。

クーラーが効いてやっとまともに息ができるようになった頃、テーブルの上に並んだ本日の夜ごはん、冷奴と素麺と麦茶。これぞ夏!って感じだ。手前のお皿、これ、冷奴ですのでね、念のため。いろいろ乗せすぎて豆腐の姿がまったく見えない。かつおぶしとオクラと天かすと梅干し。そこに麺つゆ。美味しかった。素麺はどうやって食べたかっつうと、もちろん麺つゆで。ちなみにわたくし、朝ごはんも素麺&麺つゆだった。お昼はお弁当を作っていったのだが、そこには麺つゆを使っただし巻き卵が入っていた。

3食連続麺つゆ大プッシュ、麺つゆ祭り絶賛開催中。なんでこんなに麺つゆヘビーユーザーなのかというと、数日前に思い立って手作りした麺つゆをいたまないうちに(4、5日間くらい?)使いきってしまいたいからである。たぶん明日も素麺。そして冷奴。体が冷え切ってしまいそうだ。麺つゆ、煮物とかに使えばいいんだろうな、たぶん。でも暑くて煮物を作る気にもならないわ。