旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



梅の盆栽、紅白そろえて買ってきた

年も改まったことだし、自分へのお年玉として新しい盆栽を迎えることにした。奮発して、紅梅と白梅の苗木を購入。つぼみがごろごろ。園芸店のおじさんに「若いのに盆栽!?」と驚かれる。やだなあ、その反応が見たくてやってるのさ。

f:id:lovestamp:20180516225351j:plain

一緒に買ってきた鉢に植え替えて盆栽棚に並べてみた。奥の二つがそう。でかっ!これまで、鉢も木も小さく小さく作ってきたからなあ。今回の梅は、本気盆栽な感じだ。

こちらが紅梅。「大盃」という一重咲きの品種。

f:id:lovestamp:20180516225418j:plain

 

そしてこちらが白梅。「玉牡丹」という八重咲きの品種。

f:id:lovestamp:20180516225433j:plain

これが花開く頃、春の気配が感じられるようになっているかしら。鉢を見る楽しみがふえてうれしいな。

 

以下、園芸店で聞いたこと覚え書き

・花が終わったら根を三分の一ほど残して切る

・剪定は、上の枝は二芽残し、下の枝は四芽残す

・枝は、切った真下の芽から分かれて伸びる

・肥料はたっぷり、水は枯れぬ程度にやる(枝が伸びすぎると花芽がまばらになるので)