旅と日常のあいだ

石川県発、近場の寄り道から海外旅行まで。見たもの、食べたもの、面白いことの共有。



不敵な少女の短歌集。穂村弘『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』

大好きな歌人のひとりに穂村弘さんという人がいる。この人の手にかかると、言葉がきらきら光りだすような気がする。言葉の選びかたや並べかたに、陶然としてしまう。なかでも歌集『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』でのキレっぷりはすごい。まみという少女から届く無数のファンレターに書かれていた短歌を穂村さんが抜き書きしたという体裁の、超刺激的な歌集だ。

f:id:lovestamp:20180515103257j:plain

いくつか例を引くと、

 「殺虫剤ばんばん浴びて死んだから魂の引き取り手がないの」

 巻き上げよ、この素晴らしきスパゲティ(キャバクラ嬢の休日風)を

 氷メロンの山よりふいと顔あげて、ここらで舌をみせたげようか?

 

わがままで可愛くて、挑発的で、過剰な自意識の塊で。そんな少女の影が見えてきませんか? なかでも好きな歌がこれ。私が考える「理想の少女性」みたいなものが、ここにはあるのです。

 

 なんという無責任なまみなんだろう この世のすべてが愛しいなんて

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) (小学館文庫)